ひのひかり通信

ひのひかり通信

旅行記や買ったもの、就活回顧録など思ったことを徒然なるままに書いていきます。

【わすゆ】鷲尾須美は勇者である聖地巡礼記(再訪編)

こんにちは。わすゆ愛好家のひのひかりと申します。

以前私は休日を利用して四国旅行を行い、2泊3日で愛媛や香川を観光しました。

そこで私は神社やお城巡り、街歩きや観光地巡りなどをしたのですが、その際に結城友奈は勇者である(ゆゆゆ)シリーズ聖地巡礼を行いました。そのときの記録がコチラです。↓

お時間があればぜひ上記も合わせて見ていただきたいのですが、これを機に四国に魅了された私はその1ヶ月後にまたまた四国旅行を計画し、鷲尾須美は勇者である(わすゆ)の聖地を再訪しました。今回はそのときの様子をご紹介します。

(※聖地の詳しい説明やアニメ映像との比較は上記ページでしています)

f:id:HinoHikari:20181111181254j:plain

目次

本州から四国へ

それでは早速始まります。

新幹線で岡山駅に到着した私は、在来線ホームへ乗り換えて四国を目指しました。

快速マリンライナー。特急料金なしで早く行ける便利な電車。

このホームでは瀬戸の花嫁という曲が流れるのですが、この曲を聞くと四国を強く感じられるので本当に好きです。(JR四国の駅ではお馴染みの曲で、おそらく四国に行ったら一度は聞くことになると思います)

わすゆを見てからというものの、「瀬戸大橋を通って四国に行く」だけで何か感慨深いものがあります。 

イネス(イオン坂出店)

坂出駅の眼の前にあるイネス。坂出駅北口に行ったら確実に見えます。

イオンの店舗の中でぶっちぎりで1番好き(わすゆオタク)

※↑前回訪問時の写真

坂出駅周辺は三ノ輪銀ちゃんが道案内をしたり自転車を立てかけたりしていたエリアでもあるのでとても印象深いです。

乃木園子の橋(香風園)

ここは前回も訪れましたが、OPでそのっちが渡ってる橋のモデルとなったところ。

駅からも近いため再訪しました。

坂出駅からのアクセスもかなり良く、入園料無料で庭園も大変綺麗なのでわすゆを知らない人とも行けるスポットかも。超オススメ。

神樹館小学校(坂出市郷土資料館)

前回行けなかった神樹館小学校のモデルとなった場所に来ました。

作中と一部異なっているものの、ひと目でお分かりになると思います。

中に入ると坂出市郷土資料館があります。

元々は香川県立坂出商業学校として大正5年に建設された建物で、坂出市内の学校建築物としては最古のものだそうです。

現在は市内の歴史資料や民俗資料、考古資料などを展示しているそうです。※詳しくは郷土資料館 - 坂出市ホームページを参照

 

この日は祝日ということもあり閉館していたので外観だけ見て帰りました。

内部はわすゆの作中のような感じだったんだろうか…?

駅前の通りから一本入ったところなので少し分かりにくいですが、見れば「あっ」ってなると思います。

瀬戸大橋記念公園

前回に引き続き今回も瀬戸大橋記念公園に訪れました。

わすゆではもちろんのこと、ゆゆゆでも8、9話や勇者の章で登場しています。

このエリアについては前回の「瀬戸大橋編」でも触れているためおさらいになってしまうところもありますが、前回よりじっくり見て回れたのでついでに見てもらえたらと……w

 

なお、前回はレンタサイクルで30分ほどかけて訪れたのに対し、今回は坂出駅から市営バスで訪れました。

瀬戸大橋記念公園へのアクセス

瀬戸大橋記念公園のバス停で下車。片道370円です。

時刻表など詳細は香川の乗り物ナビ/坂出市営バスを参照してください。

このページを見てもらえると分かるのですが、本数が少ない……。

瀬戸大橋記念公園、とても良いところだと思うんですけどバス需要はあまり無いんですかね……自分が乗ったときも7,8人くらいしかいませんでした。

バス以外のアクセスとなると徒歩・レンタカー・レンタサイクル・タクシーが挙げられると思いますが、徒歩は論外として体力のある方はレンタサイクル複数人で行かれる方はレンタカータクシーを使うのが良いかなぁと思います。

レンタサイクルについては瀬戸大橋編を(以下略

瀬戸大橋記念館周辺

ここからはバス停から瀬戸大橋記念館に向かいました。

訪れた日が祝日ということもあり、園内には子連れの家族で賑わっていました。

極力人のいないタイミングで撮りました。奥に見えるのが瀬戸大橋記念館です。

ゆゆゆで登場した虹のモニュメント。この辺りは噴水だったりします。

瀬戸大橋記念館の正面。ここもゆゆゆで(以下略

これも前回の旅行記で書きましたが、瀬戸大橋記念館そのものもかなりオススメです。

そして瀬戸大橋。やはり美しい……。

本州と四国を結ぶ橋は他にもしまなみ海道明石海峡大橋がありますが、ゆゆゆシリーズの作中では残ってないんですかね……?

ラッピング自販機

前回不覚にも見忘れたラッピング自販機も見ておくことにしました。

正面は大橋が描かれていますが、ちゃんと見ないと何か分からなさそう(笑)

裏面に周り込んでみると、わすゆの3人組が描かれていました。かわいい

自販機の裏面をまじまじと見たのは初めてかも。

わすゆオタクとしてはとても嬉しい自販機ですが、せっかくの絵が目立たない位置にあるのがちょ〜〜っともったいないなと思ってしまいました(こればかりはしゃーない)

後述するマリンドームのすぐ横にあります。

マリンドーム

f:id:HinoHikari:20181111193356j:plain

https://www.my-kagawa.jp/photo/10002222より

マリンドームも再訪しました。

前回は時間の都合上ほとんど見れなかったので今回はちゃんと見ていくことにしました。

中央(作中では大きな慰霊碑があったところ)からパシャリ。

こっち側から見てみたかったんですよね!!

ここに立っていると椅子がお墓に見えてきたし思わず手を合わせそうになりました。

 

自分が見た限りでは大抵誰かがいた(休憩してたり談笑してたり中央で楽器を弾いてたりしてた)ので、写真を撮るにはある程度タイミングを見計らう必要があるかも…?(休日の場合は特に)

展望台

瀬戸大橋記念館には展望台があり、記念館西側の階段から登ることができます。

現在は分かりませんが、9月に訪れたときは記念館内部からエレベーターで上がれたのが10月上旬は使えなくなっていました。

この建物、ほんとメカメカしいというかシンメトリーな感じがイカしてて好きです。

もしわすゆがロボットアニメならきっと飛行するタイプの施設として登場したと思う……w

この人工物×自然×人工物の対比がたまらなく好きです。

そして展望台の頂上部分へ……。

展望台です。作中では中央に祠があった場所ですね。

もちろん祠もベッドも無いですが、夕方ということもあってか雰囲気はゆゆゆ8、9話に凄く近かったのを覚えています。

夕焼けに照らされる景色がいつになく悲しい、そんなふうに感じられました。

そのっちが寝ていたであろうベッドのあたりから見た瀬戸大橋。

夕焼けの記念館周辺

帰りのバスの時間までまだしばらく時間があったのでウロウロしてました。

この建物ホント好き。これがいわゆる"エモい"というやつ…?(適当)エモい(確信)

この左手には戦いの後3人が寝転んでいた芝生があります。

写真を撮るのを忘れてゴロゴロしてました。w

この写真を撮った手前側が芝生になっています。

瀬戸大橋記念公園の入り口の看板。奥に記念館が見えていい感じ。

ありがとう瀬戸大橋記念公園!

 

坂出駅

瀬戸大橋を堪能した私は坂出駅に戻り、宿泊先の高松に向かいました。

実は帰りのバス停の位置を間違えるという失態を犯してしまい、危うく帰れなくなるところでしたが近隣の方のフォローもあり無事駅まで戻ってこられました。

(恥ずかしいので詳しくは書きませんが、上りと下りは事前にちゃんと確認しよう!とだけ言っておきます。w)

坂出駅に着いた頃にはすっかり夜になっていました。

最後にイネスを見て電車に乗ることにしました。

 

おまけ:高松駅

快速マリンライナーで高松に到着しました。

帰宅ラッシュ帯かと思いきや祝日ということもあり無事着席できました。

!?

ゆゆゆの広告がありました。

このとき割と疲れててホテルのことしか頭になかったので不意を突かれました(笑)

高松駅周辺って個人的にすごく好きなんですよね。また機会があれば紹介したい…w

まとめ

わすゆ聖地再訪記、ということで写真を載せてアッサリ終わる予定だったのですが、今回の記事は4000字弱の大ボリュームです。長くてすみません。w

2000字超えたあたりで「こんなん書いてないで卒論やれよ……」って思ったりもしましたが、卒論よりもこっちに夢中になってしまい、勢いで何とか完成させた次第です(笑)

なお卒論は11月中旬時点でまだ3000字すら書けてない模様 これから頑張ります…w

 

少し話がそれてしまいましたが、少しでも見てよかったと思っていただけたら幸いです。

あともし私(ひのひかり)に関心を持っていただけたら是非フォローしていただけたらと思います…(笑)

ここまでご覧いただきありがとうございました!!