ひか雑記


 皆さんはLINE Payを使っていますでしょうか?

私は最近よく使うようになりました。

その理由は、LINE Payで買い物すると2%のポイントがつくから。

しかし、そのポイントが付与されない場面に遭遇してしまいました。

 

2%というのはなかなかバカにはできない割合で、例えば月に1万円の食費をすべてLINE Payで払った場合、200円のポイントがつきます。

200円あれば飲み物を1,2本買うことができます。お得!w

 

話を戻しますが、ポイントが付与されなかった場面というのは、某検定の受験料を払ったときのことでした。

その検定の支払い方法の1つにLINE Pay(クレジットカード決済ではない)というものがあり、「へ〜〜今の検定はLINEで決済できるのか」と思い何も考えずにそれで決済したのでした。

 

その払い方は簡単で、QRコードを読み込んで決済するというものでした。

 

そうしたらいつもと違う通知が届き、あれ?と思い見たところいつもと違う通知が…。

ということで、ここからはその画像も合わせて見ていきます。

 

通知の違い

まずはじめに、通常来るであろう通知。

f:id:HinoHikari:20171002192126j:plain

10,000円使って200ポイント……2%のポイント付与だし当然だな!

 

そしてこれが今回来た通知。

f:id:HinoHikari:20171002192134j:plain

全くと言っていいほど異なります。

企業名が書かれているというのが特徴でしょうか。

そして何より重要なのが「付与予定ポイント」が無い!!ヴォイ!!どういうことだ!!

 

LINE Payでポイントがつかない場合とは??

①LINEアカウントのコード決済

今回の事例です。

LINE Payという支払い方法ではポイントがつきません。

ちょっと分かりにくいですが、ポイントが貯まる支払いというのはクレカ払いでLINE Payを使用した場合、LINE Payカードで払った場合です(もしかしたら例外があるかもしれないけど自分はそう認識してます)。

 

また、店頭で行われるLINEのバーコード決済も同様にポイントがつかないそうです。

(LINEのバーコードを見せ、読み込んでもらって決済するようです)

 

②100円未満の決済

今回の場合ではありませんが、100円未満の決済ではつきません。

LINE Payは100円で2ポイント。50円で1ポイントではないので注意。

 

どうすればポイントがつくの?

先程も書きましたが、クレジットカード払いで支払うようにしましょう。

まぁLINE Payカードはクレジットカードではない(デビットカード)ですが、 一部の例外を除きクレジットカードと同様に決済できます。

  

結論:LINE Payで支払うときは「クレジットカード決済」で払うべし!!