ひか雑記

地方国公立大生による深夜の受験談義


スポンサードリンク

 今回はふと昔を思い返していたついでに大学受験やその後の大学の話をしていきます。
受験に失敗するとこうなる、みたいなことが書かれているので、反面教師として見てもらえたらと思います。
高校生は必見!(白目)

    

はじめに

ここを見てる人は知ってるかもしれませんが、自分は現在、地元ではないとある地方の国公立大学に通って一人暮らしをしています。
まず、なぜ地元を出てわざわざ地方の田舎の大学に行ったかと言うと、ただ単にセンター試験の結果が悪かったからです(直球)

身も蓋もない言い方ですが、実際こんな事情で進学した人は少なくないと思われます。


国公立大学受験について

一般的に国公立大学受験はセンター試験がものを言います(AO・推薦等は除く)。
厳密には二次試験(大学独自の試験)の配点を大きくしている大学もあるため巻き返せるところもありますが、センター試験である程度の点数を取らないと苦戦することは必至でしょう。
私立においてもセンター利用という受験制度を構えているところもあるため、私大希望の人にとっても重要であるといえます。

自分の場合

自分の場合、センター試験でかなり悪い点を取ってしまい、志望校はすべて受かりそうにない状況に陥りました。(元々社会科目以外は大して勉強できなかったため悲惨な結果に)

まぁ志望校だけならまだしも志望していた学部すら諦めました。
国公立大において私の志望していた学部は狭き門だったようです。
今在籍している学部が案外良かったのが幸いです。

そして妥協して選んだ前期試験は謎の高倍率と圧倒的勉強不足により不合格
自分はどこまでアホなんだと悲しみ泣いた。勉強しなかったのが悪いけど。
後期は背水の陣として選んだ間違いなく行かなさそうなA判定のトコをテキトーに受けた(もはややる気がなかった)らアッサリ合格し、訳の分からなさで泣いた。

進路はテキトーに選んではいけない(戒め)
受験を通して思ったことは「親を悲しませてはいけない」ってこと。これはガチ(というかネタでは済まない)。


地方国公立大の良い点

参考になるかは分からないけど地方国公立大学の良いところを挙げておきまスゥゥゥゥ。

  • 学費が(比較的)安い
国公立だけあって私立よりは安い(学費免除等の場合を除く)。
家賃や食費は地方だからといって安いとは限らない(立地や店次第)。
  • その地域での就職に有利(その地域における大学の知名度とか交通費とか諸々)
例えば将来青森で就職したい人が青森の大学に進学したら就活しやすいよねって話。
自分には関係なかった。
  • 自然が豊か(自然しかない)
めっちゃ草生えてます。
  • 学生の数がそこまで多くないため少人数の講義が行われやすい
自称進学校でよくある国公立信仰の1つに挙げられるコレ。
もちろん講義にもよりますが、後述するゼミはまさに少人数です。
  • 自分の希望したゼミに入りやすい(ゼミによる?)
少人数の講義の代表的なものとしてゼミが挙げられると思いますが、1人の教員に対して1学年あたり5〜10人程度と少人数で行われています。
私立と比較して絶対的な人数が少ないためゼミには入りやすいと思います。
自分の入ったゼミでは選考がありましたが選考のないゼミもあるようです。
  • 国公立大生を名乗れる
まぁ腐っても国公立大なので聞こえは良い(?)
なお「どこ大なの?」で詰む模様。
 

地方国公立大学の良い点はその環境にあると思います(多分)


自分の場合は前期や私立の学費免除の受験に落ちて迷惑をかけた経緯もあり、少しでも安いところに進学しようと思った結果こうなりました。あたしってほんとバカ。


地方国公立大学の悪い点

  • 田舎娯楽が少ない
大学の短所というより田舎の短所です。場所というのは重要だと思われます。
これは大学次第ですが「すごーい!」とはなりません。
  • 立地が悪く交通が不便
これも大学というより地方の短所。
とはいえお金があれば新幹線や特急、飛行機で何とかなりますがお金がないと結構厳しいです。
  • 他大学との交流が少ない
現代はインターネットがあるとはいえ他大学と物理的な距離が遠くて交流が少ないといったことはあります。その点都市部は便利そうです。
  • 就活が不利
今までの内容を勘案してもらえたらお分かりかとは思いますが、明らかに不利です。
説明会やインターンシップは都市部で行われることが多く、参加するだけでも結構なお金がかかります。



とはいえこれはあくまで地元じゃない地方国公立大学の場合ね。
地元の国公立大なら色々と違うと思います。

他にもバイト代が安いとか物価が安くないとか書こうと思えば色々書けますが、それは地方の悪い点だと思うのでこれ以上の言及は避けます。


まぁでも今通ってるところに行ったからこそできた経験もあると思うし、大体慣れました。


蛇足:大学進学で地元から離れるメリット(?)

あと少し話が逸れるけど、地元から離れて地方の大学に行くことの利点、ありました。
それは「公序良俗に反さなければ多少やらかしても問題ない」ってこと。
言葉は悪いけど、その地域に就職しない限りはクズと思われようが卒業してしまえば関係ないと思ってます。(自論)
ぶっちゃけ割と自由に振る舞ってる今の方が友達が増えた気がするし、新しいことにもチャレンジできるようになった気がする。何より

でもこれやって友達いなくなっても責任は取らないです(真顔)

あと思ったのが、地元から離れた地方国公立大なら人間関係を1から作れる、とか。
まぁ何というか、人生の中で一度は地元を出てみるのも良いかなと思います。
でも地元から地方の田舎の大学に行く場合は特にメリットデメリットを考えた上で行ったほうがいいよ、ってことが言いたかった……のかな?多分。w


さいごに

月並みなことを言うと、大学進学は必ず自分の意志で決めるべきだと思います。
担任の言われるがままに受けて後で後悔しても遅いしね。後悔先に立たずです。

幸い私は大学に進学してからソコソコやりたいことを見つけられたからまだ良かったけど、もしそういうのが無かったら大学辞めてたかもしれません。
というわけで、今回はこれにて終了です、ご覧いただきありがとうございました〜。