ひのひかり通信

ひのひかり通信

旅行記や買ったもの、就活回顧録など思ったことを徒然なるままに書いていきます。

5000兆円で何年日本を統治できるか調べてみた

5000兆円欲しい!」というネタがありますが、5000兆円と聞いてもいくらなのかサッパリ分かりません(それがいいんだけれども)。
そこで今回は「5000兆円」で何年間日本を無税で統治できるかノリで調べてみました。

     「兆」という言葉を聞いて「国家予算」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
ということで今回は国家予算を引き合いに出して5000兆円を考えていきたいと思います。

※前提として、「個人が5000兆円持ってるわけねぇだろ!」というツッコミは受け入れません。また、円の価値に変化はないものとして考えます(細かいことは気にしない)。

そもそも国家予算とは

まずはじめに、そもそも国家予算とは何なのかということについておさらいします。
ブリタニカ国際大百科事典によると、

①国の基本的経費をまかなう一般会計予算
②特定の事業や資金運営のための特別会計予算
政府関係機関予算

これら3つによって構成されているようで、ここでは一般会計予算だけでなく特別会計予算と政府関係機関予算を合わせたものとして考えることにします。

一般会計予算

まずはじめに一般会計予算から調べました。広辞苑によると、

国及び地方公共団体の愛系区分において、一般の歳入・歳出を経理する会計。

と書かれており、通常の国家活動をするために必要なお金です。

財務省のホームページの「平成28年度一般会計予算(平成28年3月29日成立)の概要
(http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/condition/002.htm)」によると、
日本国における一般予算会計は、平成28年度で約96.7兆円です。

特別会計予算

次に特別会計予算ですが、同じく広辞苑によると、

国および地方公共団体において、特別の事情・必要に基づいて、一般会計から切り離して、その収入・支出を経理する会計

と書かれていました。要するに特別な予算です(?)

また、財務省のホームページによると、平成28年度予算で403.9兆円とのことです。
詳しくは分からないですが、この数字には他との重複分があるらしく、重複計を除いた「純計額」は約201.5兆円とのことです。
内訳としては、国債償還費等に約100兆円社会保障給付費に約65兆円など色々とかかっているようです。
ってか特別とか言っておきながら一般会計より多いとかドウイウコトナノ……。

政府関係機関予算

最後に政府関係機関予算ですが、広辞苑には載っていませんでした。
政治・経済用語集によると、

日本政策投資銀行や日本政策金融公庫・沖縄振興開発公庫などの政府系金融機関の予算。

とのことです。 正直ナニモンだ〜〜?って感じですが、簡単に言うと「政府が出資した法人」に充てられた予算だそうです。やっぱりナニモンだ〜〜?って感じです。

また、今までと同様に財務省のホームページを調べてみましたが28年度のものがパッと出てきませんでした。(それらしい予算のPDFは出てきたけど探すのに疲れた……)
最新ではありませんが、https://www.mof.go.jp/pri/publication/zaikin_geppo/hyou/g744/744_02.xl平成26年度の予算が出てきたのでそれを流用することにします。
上記のページ(というかExcelファイル)によると、政府関係機関予算約2.3兆円でした。

日本の国家予算

先程の3つを合わせると総額なんと300.5兆円!!!頭おかしなるで。
ちなみに平成26年度の重複分を引いた額は290兆円とのことなので、この数字はおおよそ合ってると思われます。
最後の政府関係機関予算だけ若干情報が古いですが、この額に関しては平成12年(2000年)の3分の1ほどになるなど年々減少傾向にあるため、まぁこんなもんだろうと思います。

無税で何年間日本を統治できるか

日本のおおよその国家予算が分かったところで、いよいよ本題に入ります。
分かりやすく300兆円とした場合、5000兆円あれば日本国を約16年間統治できます

 

思ったより短い……?
個人的には「半世紀くらい統治できるかな?」と予想してたので短く感じました。
それだけ日本は大量にお金がかかっているということでしょうか。

まぁでも税金が一切かからない場合の年数なので、今の半分の税金でも徴収すれば結構持つのではないでしょうか。
これらはもちろん予算や円の価値が一定だった場合の計算にはなりますが、もし今の日本で実現すれば石油王もビックリの統治者として君臨しそうです。

……ということで、景気回復の最後の手段に5000兆円はいかがでしょうか?
経済政策(物理)みたいな感じで国内の企業が一瞬で立ち直ると思います!
ちなみにアメリカは日本より大きな予算がかかっていた気がしたので、多分10年も持たないと思います。気になった方は是非調べてみてね。

それじゃ、まったの〜う!