ひか雑記


タイトルを見ただけで内容が分かるとはこのことですね(白目)

今日は1限からあったんだけど自主休講しました。

そこで今回はなぜ自主休講してしまったのかについて、大学生の視点から考察していきたい。
どうでもいいけど、「大学生の視点から」って言葉、凄く便利だと思うんだよね。

大したこと言ってねーのにそれっぽく聞こえる魔法の言葉だと思う、ただ単にサボった言い訳をしようとしてるだけなのに(笑)
「大学生」の部分を「高校生」に変えたら高校生にも使えそう(白目)

では話を戻しますね。

①やる気がなかった

正直大半の自主休講はこれに尽きると思ふ(白目)
行く気があれば間に合うように家を出ただろうしね。

これは俺の場合だけど、バスに乗り遅れてもチャリで飛ばせば意外と間に合うんだよね。
それでも面倒くさかったので行かなかった。ただのクズやんけ。

②公共交通機関の乱れ

人身事故や信号トラブル等で鉄道のダイヤが乱れた〜とかそんな感じ。
都会の方だとよくあると思う。まぁ俺の場合クソ田舎だからほとんど無いんだけどね。
ってかそもそもバス通だし。

③天候不順とか

雨や雪が原因で行けなかった場合。俺もたまにあります(白目)
これが原因で②に繋がることも多いよね。

自主休講ってのはやるべきことではないとは思いますが、まぁ…誰の迷惑にもならないなら別に良いじゃん、って思います(開き直り)

こんなこと書いてる間に2限が近づいてきた。
今日はこれからどうするかなぁ…どーせ2限から行っても友人に「サボり」だの「クズ」だの言われるとは思うけど、これに関してはぐうの音も出ない事実なので言われてきます。

というわけで今から行ってきます。
この調子で「無遅刻無全休(無欠席とは言ってない)」を貫き通していきたいです。
↑と言いたいところでしたが全休はしてましたwwまぁしょうがないよね。